森林経営
始まりは、明治43年(1910年)に豪雨により岩手県盛岡市の中津川が氾濫し、市内は橋梁流出の大惨事となったことによります。創業者の三田義正は水源地帯に植林して治山治水を図ることが重要であるとし、米内川、中津川の流域に沿って荒廃地を買い求めました。明治44年(1911年)から50年間で850haの造林を行い、以後今日まで100年間林業を続けています。
 
 
 
 

概要

岩手県に約1000ha、北海道に約900haの森林を所有して林業を行っています。岩手県では人工林率80%で、杉34%、赤松28%、唐松22%となっています。林齢では80年生以上が43%です。北海道では広葉樹が67を占め、豊かな美しい自然を残しています。
伐期を100年とし、毎年約5haの皆伐と造林を行っています。下刈や間伐は岩手県知事に認定されている森林経営計画に従い適切に行っています。伐採量は年間約5000㎥です。近年は広葉樹の育成にも取り組んでおり、岩手県では天然更新、北海道では間伐を行っています。
 
 
 
 

CO2排出権の販売

CO2排出権とはCO2排出量を削減したと見なすことが出来る権利です。どなたでも排出権を購入して自身のCO2排出量を削減することが出来ます。この仕組みをカーボン・オフセットといいます。カーボン・オフセットは温暖化を抑制します。当社は岩手・盛岡の自社森林が5年間で実際に吸収した1302トンの排出権(J-VER,J-クレジット)を環境省のルールに従って創出しました。
 
排出権取得森林の二酸化炭素吸収量(トン)  
 2008年度 2009年度  2010年度  2011年度  2012年度  2013年度 2014年度  2015年度  計  排出権取得量 
123 128 187 192 189  177 174  171  1341 1302 
 
この排出権を1トン15,000円で販売しています。販売代金は弊社森林の造林や間伐などの森づくりに使わせていただき、さらにCO2を吸収します。