果樹生産
 
明治24年(1891年)に三田義正を先立ち人とする果樹協会が、岩手県盛岡市箱清水の地を実験地としました。沖積砂質土壌で礫を多く含む土地でしたが、義正は明治34年(1901年)にこの地を買い受けて三田農場を開設し、りんごなど果樹類の栽培を始めました。土壌改良に傾注し、栽培の先進地を視察しながら品質の改良に努めました。大正13年(1924年)には年々需要が増加していたアスパラガスの生産を開始。昭和40年(1965年)にはりんごの矮性栽培を導入し、平成7年(1995年)からはりんごジュースを生産しています。
 
 
 
 

現況

岩手県盛岡市箱清水にある農場の面積は約30haです。内訳は果樹8.16ha、アスパラガス0.44ha、大豆他6.4ha、山林他雑種他15haとなっています。薬剤散布を一般的な回数より3回程度省略し、減農薬に努めています。また、当農場入口に直売所を設けたり盛岡市内の商業施設(クロステラス盛岡)に出荷したりし、地域の方々にも果樹をお買い求めやすくしています。
 
 

生産品

   
りんご普通樹 金星、つがる、王林、レッドゴールド、むつ、ふじ
りんご矮性樹  ふじ、ジョナゴールド、王林、千秋、金星、北斗、つがる、はつあき、さんさ、きおう、祝、夏緑、紅玉、シナノゴールド、ひろさきふじ、紅将軍、やたか、はるか、陽光、青林、ファーストレディ、レッドゴールド、昂林、ぐんま名月
和梨 長十郎、20世紀、早生赤梨
洋梨 フレーミッシュ、パートレット、プレコース、マリアン、ラフランス、ゼネラルレクレーク、ル・レクチェ、ブリックリング、ジャンボラフランス、パスクラサン
ネクタリン ヒラツカレット、ファンタジア、アームキング、レットスタート、バビオール
プラム 大石早生、ソルダム、寺田、大石大王、いくみ、秋姫
アスパラガス ウェルカム
 
 
 
 

盛岡りんご物語

ほどよい甘さの保存料無添加100%ジュースです。農場の完熟したふじを中心とするりんごを1本(1000ml)当り8個程度使用しています。

[商品説明、販売はこちらから]